« 丸山征郎教授からありがたいコメントを頂きました | メイン | 神経工学アップデート発行 »

花粉症治療候補・TOLAMBA

医学には全く関係ないですが、矢沢永吉とイチローの対談の様子が以下で読めます。最後の「オレはいいけど、ヤザワは何て言うか…」っていう部分に大爆笑してしまいました。うちの娘が将来言い訳に使いそうな言い回しです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060120-00000018-spn-ent

さて、今日の注目の記事で全文を紹介しているDynavax社ですが、花粉症治療候補・TOLAMBAの良好な第2/3相試験の結果が発表されて19日のNasdaqでは34%も株価が上昇しています。

確かに良い結果なのですが、2年目の花粉症シーズンにブースターを注射するとプラセボと有意差がつかないというのがとても気になります。

ワクチンに詳しい方がいましたら、この意義について教えていただければ幸いです。このメールに返信されますと、清宮宛にメールが届きます。

TOLAMBAはISSという技術が適応された面白いワクチンです。詳しくは注目の記事(メルマガでのみ全文公開)の部分を参照ください。

ISSについて更に詳しい情報が欲しいという方は以下をどうぞ。

http://www.dynavax.com/issimm.htm

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/54

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)