« 一年毎に目標を設定するのは学校教育が教えた悪習慣 | メイン | Googleで自分の遺伝子をグーグル? »

凍結卵子で出産

今日の生活関連ニュースで「商業的な卵子バンクから提供された凍結卵子で初の出産が報告された」という記事を紹介しています。

Cryo Eggs International(CEI)社の凍結卵子を用いて出産に成功しました。

CEI社は凍結卵子一つを2,500ドルで提供しています。

CEI社によると、この凍結卵子が解凍時に生きている割合は60.8%で受精率は68%、胚移植後に妊娠できる割合は30%以上となっています。

したがって、凍結卵子を10個購入して1つで妊娠に成功するという感じのようです。

凍結するよりも凍結前の新鮮な卵子の方が良さそうですが、CEI社は凍結することの利点を強調しています。

今後凍結卵子が普及すれば購入費用はもっと安くなるかもしれません。

不妊治療に悩むカップルは多いので、手に届く範囲の選択肢が増えると良いなと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/42

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)