« NEDOフェローのフォローアップ | メイン | 利害の対立 »

NanoCrystal技術

今日は、Elan社がNanoCrystal技術をEntreMed社にライセンスしたというニュースがありました。

NanoCrystal技術は、水に溶け難い化合物のバイオアベイラビリティーや吸収を改善する技術です。

効果は非常に優れていても吸収、分布、代謝、排出等の薬物動態が不良で開発を断念してしまうケースが多々あります。

NanoCrystal技術を使えばそのような化合物を救えるかもしれません。

TriCor (Abbott), Megace ES (Par Pharmaceuticals), Rapamune (Wyeth) 等のよく知られた薬剤にもNanoCrystal技術が適応されています。

もし、薬物動態が悪いが効果は優れているのでぜひ開発を続けたいという化合物をお持ちの方はElan社にコンタクトしてみるのは1つの方法かと思います。

NanoCrystal技術の詳細は以下をご覧ください。
http://www.elan.com/EDT/drug%5Fdelivery/nanocrystal_technology.asp

Elan社へのコンタクトは以下を参照ください。
http://www.elan.com/EDT/contact_us/default.asp

------------------------------------------------------------------------
◇上述のNanoCrystalの紹介のように、BioTodayニュースレターで取り上げて欲しい製薬、
医療技術があるというという企業の方がおりましたら「技術紹介希望」という
タイトルでbiotoday@biotoday.comまでご連絡ください。
------------------------------------------------------------------------

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)