« 利害の対立 | メイン | 新年に耳を傷める人々、それを治療する人 »

セローノ in アメリカズカップ

Serono社の買収の動きが活発となっていますが、渦中のSerono社のCEO・ErnestoBertarelli氏は、2003年のアメリカズカップでスイスのTeam Alinghiを組織し、見事このチームを優勝に導いた人物です。

次回(32回)のアメリカズカップヨットレースは2007年にバレンシアで開催されますが、Bertarelli氏はシンジケートのヘッドとしてこの大会に備えて準備をすすめているようです。

アメリカズカップのヨットチームを組織するには莫大な資金が必要とされますが、Bertarelli氏の個人資産は実に70億ドルだそうです。

Bertarelli氏はシンジケートのヘッドであると同時にナビゲーターとして実際のレースにも参加します。

セローノのCEOとしての仕事、Alinghiのヘッドとしての仕事。どっちも楽しいだろうけど身売りしてしまうということはAlinghiの方が楽しいのかもしれません。

チーム紹介のBertarelli氏の部分を見ると、“If you see my boat, you will understand my management style”という文章
が書いてあります。これはどういうことなんだろう。

医学とはまったく関係ないですが、Alinghiのボートが他のボートとどう違うのかをご存知の方がいましたらぜひ教えてください。

WikiPedia アメリカズカップ http://tinyurl.com/bvr4a
32回アメリカズカップOfficial Web http://www.americascup.com/en/
Team Alinghiホームページ http://www.alinghi.com/en/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biotodayblog.jcity.com/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)